ラクトフェリンの飲み方

ラクトフェリンの人気はとても高まっています。しかしどのような飲み方がベストなのでしょう。また摂取する期間について、あまり向かない人、避けた方がいい人、保管などについても考えてみましょう。

 

いつ摂取するのが効果的?

やはり同じサプリを飲むのでも、飲むタイミングなどによって差があるなら、ベストなタイミングで摂取したいものです。薬でも摂取条件があるようにサプリにもあるのでしょうか。実はラクトフェリンは食品なのでいつ摂取しても問題なし。タイミングより続けることの方が大切なのです。自分が忘れにくいタイミングに飲むのが、その人にとってベストと言えるでしょう。

 

毎日摂取すべきなのか?摂取する期間は?

毎日摂取した方がいいのか、不調のときに摂取するだけでいいのか、疑問を持っている人もいます。しかしラクトフェリンは薬とは違い食品なので、毎日のすっきりや元気のサポートをしてくれる成分です。毎日続けることで、ラクトフェリンを感じることができるのではないでしょうか。

 

摂取量はやはり多い方が良いの?

食べ物なので、その日の気分で多少多めに摂っても問題はありません。しかしラクトフェリンサプリ商品のメーカーの、お勧めしている目安量を守るといいのではないでしょうか。多く摂ってもその分、よりラクトフェリンを感じられるということはありません。

 

他の食品や薬と一緒に摂っても大丈夫?

ラクトフェリン自体が食品なので、特に食べ物と一緒にとっても問題ありません。薬に対しても特に問題はないでしょう。ただし、やはり飲み合わせが気になる場合は薬剤師に聞いてみるのも一つです。また摂取時間を空けるということで、より安心して飲めるのではないでしょうか。

 

1日の目安量は分けた方がいいか?

特に分けることより、忘れないように毎日継続したいものです。

 

タブレットを噛んでも大丈夫?

ライオンラクトフェリンなど、腸までそのままのかたちで届けることを重視しているタイプのものは、腸溶タブレットを使用しています。逆に腸までそのまま届けることをあまり重視していないタイプのものは噛んでも問題ないと思いますが、重視しているメーカーの腸溶タブレット使用商品はそのまま飲むようにしましょう。

 

妊娠中でも大丈夫?

妊娠中や妊娠計画中、そして授乳中はどのような成分であっても、妊婦用のサプリでない限り避ける方がおすすめです。

 

アレルギー問題はどうなの?

ラクトフェリンは牛乳から抽出されています。当然牛乳などの乳製品にアレルギーのある方は避けるようにしましょう。またラクトフェリンのサプリには、商品によって他の成分が含まれているものもあります。他の成分も自分にとってアレルギーがないかチェックしてから摂取しましょう。

 

開封したら冷蔵庫に入れた方がいいの?

ラクトフェリンサプリは変質を避けて冷蔵庫や冷凍庫に入れず、なるべく涼しく直射日光の当たらない湿気の少ないところげ保管しましょう。