ラクトフェリンの魅力について

ラクトフェリンは、中高年からも人気上昇のサプリではないでしょうか。最近は中高年の健康に対する考え方がとても前向きになってきたのかも知れません。ラクトフェリンは子供から老人まで、毎日の元気のお手伝いのための魅力がいっぱいです。

 

ラクトフェリンは母の愛?

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に多く含まれており、生まれてすぐから母乳を摂取している赤ちゃんを守るために働く成分とも言われています。例えば赤ちゃんの腸の中は生まれてすぐは、乳酸菌やビフィズス菌はまったく存在していません。
もちろん母乳を飲んでどんどん腸の中に善玉菌は増えていきますが、最初は存在しない状態です。ラクトフェリンはそんな生まれてすぐの赤ちゃんをしっかり守るお手伝いをしています。また赤ちゃんはさまざまなストレスを抱えていると言われていますが、そんなストレスを緩和するお手伝いもしてくれると言われているのです。また赤ちゃんもわたしたちも目や口の粘膜などにも、少量のラクトフェリンが含まれており、外敵から守るサポートもしてくれているとのこと。このようにラクトフェリンは母の愛とも言っていいような成分なのです。それをわたしたちも感じたいということで、牛乳の生乳から抽出されたラクトフェリンをサプリとして摂取することができるのです。

 

ラクトフェリンは中高年にも人気なわけ

最近は元気に年をとることが、わたしたちの目標となっています。以前に比べ長生きをするようになり、80歳90歳も当たり前の時代に突入したのです。そのため、いかに毎日元気で年を重ねるかということがとても重要になってきました。そしてその自覚を、多くの中高年の人たちは実感しているのではないでしょうか。そのためにも生活の不摂生などを改善し、元気な毎日が送れるように注意をしている人も増えています。そんな中、内臓脂肪減量のお手伝いをしてくれるラクトフェリンの働きは、大きなポイントになるのではないでしょうか。

 

ラクトフェリンの内臓脂肪減量のサポートの魅力

ラクトフェリンの研究において、世界的にも知られているライオンでは、ラクトフェリンが内臓脂肪減量のサポートをするということを世界で初めて発見しました。そして世界中にこの臨床結果も発表され、今では中高年の、付いてしまった内臓脂肪低減のためのお手伝いを期待してラクトフェリンを摂っている人も増えたのです。
細かい条件の下での臨床試験をザックリご紹介すると、健康な男女26人(平均年齢44.8歳)を対象にラクトフェリン1日300mgを8週間摂取したところ、内臓脂肪面積が12.8?の低減があったとのこと。ちなみにBMIも0.9s/uの低減が見られたのです。この結果は世界中の中高年の人にとって、朗報と言えるのではないでしょうか。

 

その他にもさまざまな魅力が

他にも毎日すっきりのサポートもラクトフェインの大きな魅力です。特に最近は腸の中の研究が進み、腸内の状態によって将来元気でいられるかまで、予想することができるとも言われています。腸は第二の脳とも言われ、さまざまな体の調整を行っているとのこと。だからこそ毎日のすっきりはとても重要だと言われているのです。そんなすっきりのお手伝いも、ラクトフェリンは大いに期待できるのです。