ラクトフェリンとは

ラクトフェリンは最近中高年にも人気の、機能性タンパク質です。さてこのラクトフェリンは毎日の元気のためにどのように働くのか、またどんな物に含まれているのかなど、ラクトフェリンをいろいろな面からまとめてみましょう。

 

ラクトフェリンとは
ラクトフェリンは哺乳類の母乳に多く含まれている機能性タンパク質で、強力に鉄と結び付く性質が特徴です。生まれたばかりの赤ちゃんをさまざまなウイルスや細菌、またストレスなどから守る成分の1つとも言われています。またわたしたちの母乳の中だけでなく、涙や口の中にも少量含まれているものです。
ではラクトフェリンがわたしたちの毎日の元気にどのような手助けをしてくれるのでしょう。ラクトフェリンの研究は世界中で長年続けられており、さまざまな元気の手助けにかかわっていることが発見されています。まだまだたくさんの発見がこれから増えていくことでしょう。今分かっているだけでも、たくさんの元気の手助けが期待されているのです。

内臓脂肪の減量サポート

ラクトフェリンの、内臓脂肪減量サポートを世界で初めて発見したのは、ラクトフェリンの研究では世界中で知られているライオンの研究室です。臨床試験の結果は世界中に発表されており、また1つラクトフェリンの元気のためのサポート力が見つかったわけです。この臨床試験の結果によって、中高年の人気も高まっています。

 

毎日のすっきりをサポート

ラクトフェリンは毎日のすっきりをサポートしてくれます。ラクトフェリンは腸まで分解されずに届くと、腸の中で鉄分と結び付こうとします。しかし鉄分は悪玉菌が増殖するときに不可欠の成分なのです。つまり悪玉菌にとってラクトフェリン招かざる客となります。
ラクトフェリンが鉄分を吸収してしまうと、悪玉菌は増殖力が低下します。またラクトフェリンは善玉菌の餌にもなり、善玉菌の働きをサポートするかたちにも。これらのことからラクトフェリンは、善玉菌が優位になる手助けができます。だからこそ毎日のすっきりのサポートに期待されているのです。

 

守る力をサポートする

ラクトフェリンは腸の中の守る力のサポートも。インフルエンザのようなウイルスの侵入を免疫細胞がしっかり働いて、守る力を発揮してくれます。そんな守る力のサポートにラクトフェリンは期待されているのです。

 

血液の不足にもサポート

ラクトフェリンは鉄と強力に結合する性質があるタンパク質です。ラクトフェリンは体内で鉄分と結合するため、鉄分の吸収を高める手助けをしてくれます。造血に必要な鉄分が欠かせません。

 

目の潤いをサポート

疲れ目やコンタクトなどの使用、季節によっても涙の量が減り、目がカラカラになってしまうことも。そうなると目に微量なゴミが入っても傷を付けてしまいます。またそうなるとウイルスや細菌からも目を守ることができなくなることも。
シェーグレン症候群のドライアイ患者にラクトフェリンサプリを半年摂取した結果、眼球潤す涙が増加し目の乾きが減ったという臨床試験結果が出ています。このことによって目の潤すサポートにも、ラクトフェリンがかかわっていると期待されています。

 

ラクトフェリンを摂取するには

ラクトフェリンは牛乳からでは殆ど摂取できないと言われています。絞りたての生乳を摂取できる環境であれば、一日1000ml程度摂取で100mgのラクトフェリンは摂取できます。また加熱処理のしていないナチュラルチーズなら、一日300g食べれば100mgのラクトフェリンを摂取できます。しかしこれらの条件は一般的には無理ではないでしょうか。そのためラクトフェリンはサプリによって摂取することになります。